不動産を手放す際に知っておきたい!不動産売却についての関連情報を紹介

ここでは不動産売却の関連情報について解説していますが、相続した不動産はそれを有効活用できる場合はリフォームやリノベーションを行ってマイホームにすることもできます。
しかし、既にマイホームを持っている場合は不動産売却を検討するケースが多いといえましょう。
ここでは、不動産売却の基礎知識をご紹介していますが、不動産売却した際に課税される譲渡所得税は、売却価格から取得費および譲渡費用を差し引いて計算します。
このとき、相続した家の購入額が分かっていると差し引かれる取得費が多くなり納めなければならない税金が少なくなるメリットに繋がります。

不動産売却とは自分が所有する不動産を他人に譲渡すること

不動産を取得する方法としてお金を払って欲しい土地や建物を手に入れるか相続により取得するかがありますが、何れにしても所有権移転の登記を経た上で土地を自己のものにすることができます。
ただ入手方法は色々あっても手に入れた土地を手放す際には不動産会社に仲介に入ってもらって、不動産査定などを行いながら適正価格で売却することになります。
言わば不動産売却とは自分が所有する不動産を他人に譲渡することでこのこと自体は難しいことではありませんが、相手に譲り渡すには売買契約を結ぶ必要があるのでその点が複雑であると考えている人も多いです。
不動産売却を行うのはそれほど大変ではなくスムーズに行うことができますが、登記手続きが少し複雑で売り買いの場合は売買を原因とする所有権移転の登記を行う必要があります。
これは不動産登記法に従って行うことになるのでこの法律を知らないと困ってしまいますが、殆どの場合司法書士のような専門家に任せることになるのでそれほど不安に感じることはないです。

不動産売却の方法には仲介と買取がある

不動産売却の方法には大別すると仲介と買取の二種類が存在しています。
それぞれの特徴を把握して、どちらの不動産売却を選択するのかを判断するのが大切です。
仲介取引は、不動産会社と媒介契約を締結し、広告宣伝活動などを展開して購入希望者を見つけてもらうというものになります。
売買契約が成約した時には、成功報酬として不動産会社に仲介手数料を支払う必要があります。
仲介手数料の報酬は、売買価格に3%を乗じた金額(消費税含む)に6万円を加算した金額です。
これに対して買取は、不動産会社に依頼するのは共通してはいるものの、あくまで不動産会社が買主となって直接不動産売却するというものです。
不動産会社は買主を仲介するわけではないので、仲介手数料は発生しません。
その意味では低コストな取引と評価することができます。
買主を見つける手間もかからないので、現金化するまでの器官も短く、スピード重視で現金化したい方にお勧めの方法です。

不動産売却の査定とは不動産会社が売却予定の不動産の価値や相場を評価すること

不動産売却の査定は土地の価値や相場を評価する重要なプロセスで、専門的な知識や経験を活かして物件の特徴や市場状況を考慮し、適切な価格を見積もるものです。
査定の手順にには、物件の現地調査などがあります。
不動産の専門家が物件を訪れて建物の構造や状態、周辺環境などを詳細に調査し、これにより強みや課題が把握されます。
また市場の状況は常に変動するため、最新の動向や同様の物件の取引価格などを考慮して相場を判断します。
調査や分析の結果をもとに物件の評価額を算出して、この結果は売主に提示されて売却の基準となるのも少なくありません。
正確な価格で売却するためだけでなく、市場において競争力を持つためにもあるので、高すぎる価格では買い手がつかない可能性があり、逆に低すぎると財産を損失します。
不動産売却では信頼性の高い不動産会社を選び、結果や提案に対して十分な質問を行い納得できるまで情報を収集することが重要といえます。

不動産売却の媒介契約には専任媒介契約・専属専任媒介契約・一般媒介契約の3種類がある

不動産売却では購入希望者をみつけるために、不動産会社と媒介契約を締結するのが一般的です。
不動産会社はこの契約に基づき広告宣伝活動を展開して買主を見つけるまでの活動を行います。
この契約には参集類があり、それぞれの特徴を把握するのが有益です。
一般媒介は売り主が複数の不動産会社を利用することができるのが特徴です。
不動産会社を介して買主をみつけることも、自力で買主を見つけることも可能ですが、不動産会社のインセンティブが下がり買主がみつかるまで時間がかかることもあります。
専任媒介は不動産売却を一社だけに依頼するというものです。
一社だけの不動産会社を利用することはできないという制限をうけるかわりに、不動産会社には2週間に一回以上の報告が義務付けられています。
専属選任は一社だけの不動産会社というのは共通していますが、売り主が買主を自己発見しても勝手に売買契約を締結することはできません。
売り主への報告義務も1週間に一回以上となっています。